最高!海と山が車で5分。食と自然と人と人

南三陸町

(本吉郡南三陸町志津川沼田101番地)

  • 自然
  • 子育て

message 担当者からのメッセージ

南三陸町は、森・里・海がとても近い人口約1万2000人のコンパクトな町です。
いい意味でも悪い意味でも、近い距離感が魅力です。笑

震災後は、多くの方に助けて頂きました。
それもあって、町の方は外から来る方にとってもオープン。
今では、町民と移住者がごちゃ混ぜになって、一緒にまちをつくっています。
移住って言葉に肩肘張らずに、ざっくばらんにお話出来たら嬉しいです!

《個別相談お問い合わせ先》
南三陸町移住・定住支援センター
電話番号:0226259552
メール: minamisanriku@pallet.wrok
移住に関してはもちろん、まずは話を聞いてみたいという方も、ぜひお気軽な気持ちでご連絡ください。

  • 子育ての魅力

    南三陸町の子育て支援センターは、保育士さんが常駐しており積極的に子供や保護者と関わってくれるので、子育ての悩みを話したり子供の成長を一緒に喜んでくれたり。頼りになる存在です。地域みんなで子供を育てるという風習が残っており、毎日、地域の見守り隊の方々が登下校時に子供たちの見守りをして下さり、学校行事や地域行事には家族総出はあたりまえ!親戚や近所の方もいらして手伝ってくれます。(笑)
    町内の小中学校では、地域産業を知るため漁業や林業体験、学校の中だけでは体験できない自然を活かした教育にも取り組んでいます。

  • 自然の魅力

    【春】町の約8割が森林の南三陸町、雪解けと共に草花が色づいていき、田束山では約5万本ものツツジが咲き誇ります。
    【夏】カヤックやSUPなどのマリンスポーツ。キャンプや山歩きなど夏の遊びを満喫!
    【秋】木々の紅葉だけでなく、田園が黄金色に輝き、色鮮やかな風景
    【冬】ラムサール条約湿地に登録されている志津川湾には絶滅危惧種に指定されている「コクガン」がやってきます。
    四季おりおりの自然を楽しむことができ、日々の暮らしに森・里・海のつながりと恵みを感じることができます。

  • 食の魅力

    南三陸町はリアス式海岸に面しており、世界三大漁場の三陸沖にも恵まれ、海の幸が豊富に獲れます。そんな海の幸を豪快に使った「南三陸キラキラ丼」が有名です。
    また南三陸の特徴は海・山・里の距離が近いこと。海鮮だけでなく、米や牛、ネギや小松菜・リンゴなど農業も盛んに行っています。
    春は「春告げやさい」、夏は「ウニ・ほや」、秋は「鮭・さんま」、冬には「牡蠣・あわび」など旬のものを旬な時期に味わうことができるのが魅力です。

movieプロモーションムービー

document資料ダウンロード

ダウンロード

entry個別相談の申し込み

個別相談を予約する