子育てするなら山元町 住むならやっぱり山元町

山元町

(亘理郡山元町浅生原字作田山32)

  • 自然
  • 子育て
  • 住まい

message 担当者からのメッセージ

「子育てするなら山元町」「住むならやっぱり山元町」をスローガンに、ライフステージに沿った切れ目のない子育て施策、県内最高水準の移住・定住支援事業を展開し、山と海に囲まれた恵まれた自然の中で、安心して子育てできる町づくりを行っています。また、農水産物直売所「夢いちごの郷」には、いちご、りんご、ホッキ貝、シャインマスカット等の特産品が並び、旬な味覚を楽しむことができますので、ぜひ一度お越しください。

  • 子育ての魅力

    JR山下駅周辺のつばめの杜地区は、小学校、保育所、子どもセンターが並び、隣接するつばめの杜中央公園は広い芝生と大型遊具が配置され、子どもたちの元気な声が溢れてます。また、ベビーバス・ベビーベッド無料レンタル、町内店舗を利用できる出産お祝い育児支援チケット、ベビーマッサージ・ベビーコミュニケーション講座の無料受講、1歳6ヶ月児健診と、3歳児健診時に絵本・知育ツールの贈呈、18歳までのこども医療費助成、不妊治療費用の一部助成等様々な支援制度があります。さらに、産前・産後をはじめ、子育て全般に切れ目なく支援する子育て世代包括支援センターを設置し、安心して子どもを産み育てられる環境となっています。

  • 自然の魅力

    宮城県の東南端に位置し、西は阿武隈山地が連なり、東に太平洋を臨み、夏は涼しく、冬は温暖で降雪が少なく自然豊かな暮らしやすい地域です。豊かな大地と海が育んだ特産品のいちご、りんご、ホッキ貝、シャインマスカットは人気が高く例年多くの方が観光に訪れます。シーズンになると、完熟いちごを摘み取りその場で味わうことができる「いちご狩り」体験や、新たな夏の風物詩として東日本大震災で被災した沿岸部の広大な農地に約170万本のひまわりが咲き誇る「やまもとひまわり祭り」、冬には復興支援の感謝の気持ちを込めた光の祭典「コダナリエ」など、多くの魅力にあふれています。

  • 住まいの魅力

    移住・定住する新婚世帯・子育て世帯・新規転入者の住宅取得を応援するため、県内最高水準の「移住・定住支援補助金」制度を実施しています。この制度を活用し、はじめて山元町にお住まいになる方や、Uターンしてお住まいになる方など多くの方に活用頂いております。特に新婚・子育て世帯の方には最大370万円(モデルケース:子育て世帯で家族数4名が全ての補助要件に該当した場合)の補助金を交付します。これから地方への移住や、恵まれた自然と充実した子育て環境の中でマイホームを検討される方にお勧めです。また、中古住宅取得やリフォーム、民間賃貸住宅家賃助成の補助制度もありますので、お気軽に相談ください。

document資料ダウンロード

ダウンロード

entry個別相談の申し込み

DAY1

09月10日(土)

13:00-13:30
✖️
13:30-14:00
✖️
14:00-14:30
✖️
14:30-15:00
✖️
15:00-15:30
✖️
15:30-16:00
✖️
16:00-16:30
✖️
16:30-17:00
✖️

誠に申し訳ありません。現在空き枠がございません。