暮らしやすさがぎゅぎゅっとつまったまち

大河原町

(柴田郡大河原町新南19)

  • 住まい
  • 子育て
  • 自然

message 担当者からのメッセージ

大河原町は宮城県の中でも比較的積雪が少なく温暖な気候のため、年間を通して過ごしやすいです。また好アクセスで30分程度の範囲内に山あり、温泉あり、海あり、都会(仙台?)ありでアクティブにエンジョイするには最高です。さらにショッピングセンター・病院・官公庁が集積しており生活必需品等が車で10分程度でそろい、坂道も少なく歩いてお出かけもできる、ちょうどいい住環境の大河原町で暮らしませんか。

  • 子育ての魅力

    ○子育て支援施設が充実
     子育て支援センターや放課後児童クラブなどを併設した世代交流いきいきプラザでは子育て相談や子育てイベントを行う等、働く方が子育てしやすい環境が整っています。また、駅前図書館では絵本の読み聞かせも行っており様々な子育てイベントを実施しています。
    ○こども医療費助成
     18歳までの子ども医療費が無料です。また、令和2年の出生率は6.49と県内でも上位となっています。
    ○学力向上に向け充実した教育環境
     町独自の教員採用による少人数学級編成の実施や町算数チャレンジ&数学オリンピック大会の実施、おおがわら暗唱読本の配布・活用など様々な学力向上の取組を行っています。

  • 自然の魅力

    ○白石川沿いが賑わいの拠点です
     5㎞四方の町の中心を白石川が流れています。この白石川の両岸に本町のシンボル「一目千本桜」があり、春には国内外から観桜客が来られ、風光明媚な桜並木を楽しまれています。また夏は河川敷で花火大会、灯篭流し、冬には白鳥が飛来し、川沿いが賑わいの中心になっています。
    ○「景観と賑わいが体感できる交流空間づくり」展開中
    この白石川沿いの賑わい強化として、土手にウォーキング・サイクリングコースを整備、今後、河川敷にはマウンテンバイクコースやパークゴルフ整備等の構想もあり、さらなる交流づくりを進めていきます。
    東北の冬は厳しいイメージですが、本町は比較的積雪が少なく温暖な気候であり、年間を通して過ごしやすい利点を生かし、蔵王山の眺望、桜や川のある自然に親しみながらスポーツ・レクリエーションが楽しめる「景観と賑わいが体感できる交流空間づくり」を本町一押しで進めています。

  • 住まいの魅力

    ○公共施設が充実しています
     警察署、消防署、税務署、運転免許センターなどの公共施設が集積しており、スポーツ施設として総合体育館「はねっこアリーナ」、文化施設として仙南芸術文化センター「えずこホール」があります。
    ○医療機関が充実しています
     みやぎ県南中核病院や仙南夜間初期急患センターに加え、内科を中心に小児科、整形外科、皮膚科、眼科、耳鼻咽喉科、歯科など多くの医院があります。
    ○買い物環境が整っています
     国道4号や広表地区を中心にスーパー、コンビニ、ドラッグストア、衣料品店、家電量販店などの店舗が多くあります。
    ○坂道が少なく生活に便利です
     面積が24.99km2の小さなまちですが、坂道も少なく徒歩や自転車での移動も便利です。

document資料ダウンロード

ダウンロード

entry個別相談の申し込み

DAY1

11月06日(土)

13:00-13:30
✖️
13:30-14:00
✖️
14:00-14:30
✖️
14:30-15:00
✖️
15:00-15:30
✖️
15:30-16:00
✖️
16:00-16:30
✖️
16:30-17:00
✖️

誠に申し訳ありません。現在空き枠がございません。