このイベントは終了しました

しちかしゅ暮らし~ないもの自慢の町~

七ヶ宿町

(刈田郡七ヶ宿町字関126)

  • 子育て
  • 教育
  • 住まい

message 担当者からのメッセージ

七ヶ宿町には商業施設はなく、電車もありません。買い物に行くにも車は必須です。でも不思議とその生活にも慣れ「まとめて食材を買うので食費が減りました」「山形、福島も近いので休日はお出かけします」などの声も聞かれます。何より“小さい町だからこそ人との繋がりを大切に”しています。都会では近所付き合いがなくても生活できますがここではそうはいきません。コロナ禍だからこそ人との繋がり見直してみませんか。

  • 子育ての魅力

    県内で一番人口が少ない七ヶ宿町では、「子どもは地域の宝」であり地域ぐるみで家族のように見守っています。「○○さんのお子さんここで遊んでたよ」と教えてもらうこともしばしば。子育てに不安を抱えるご家族へのサポートとして次のような支援制度があります。①保育料無料②給食費無料③高校卒業まで医療費無料④「子育て応援支援金」として高校入学までに第1子30万円、第2子50万円、第3子以降は70万円を支給(総額)他にも小中学校の通学はスクールバス又は集団登下校、高校生以上の学生には格安定期券を販売しています。近年、子育て世代の移住者も増えているので打ち解けやすく安心して暮らせる町です。

  • 教育の魅力

    子どもたちは豊かな自然環境の中、素直な心でたくさんの学びを吸収し生きる力を育んでいます。全校児童生徒(小中)が50人ほどの少人数だからこそ個別指導が充実しており、小学1年生から英語教育を取り入れ、全校児童生徒にタブレットを配布しICTを活用した授業を行っています。全学年の児童生徒が顔見知りなこともあり、上級生が下級生を引っ張っていくなど縦割り活動の中で日々責任感と助け合いの気持ちが育まれています。移住してきたお子さんも「みんなと友達になれたよ。」と嬉しそうに話していました。また、学校と保護者の距離が近く、学校生活においての子どもの成長や心の変化について常に共有ができていることも安心です。

  • 住まいの魅力

    新築戸建て住宅に20年間住む(月額35,000円)ことで土地と住宅が無償で譲渡される「地域担い手づくり支援住宅」があります。設計段階から打合せができ、生活スタイルに合わせた間取りが決められます。現在12世帯のご家族が移住されており、のびのびと子育てができると大好評です。また、「七ヶ宿町定住促進宅地」では町の宅地を一定期間貸し付け、その期間中に住宅を建築し居住することを条件に土地を譲渡します。その他にも町営住宅やリフォーム等への費用補助制度、今年度は「空き家バンク」に登録されている物件も増えましたのでぜひご覧ください。移住を検討したい方向けに「お試し住宅」もご用意していますのでご相談ください。

document資料ダウンロード

ダウンロード

entry個別相談の申し込み

DAY2

11月07日(日)

13:00-13:30
13:30-14:00
14:00-14:30
14:30-15:00
15:00-15:30
15:30-16:00
16:00-16:30
✖️
16:30-17:00
個別相談を予約する

個別相談予約にはログインが必要です。