宮城でできる 暮らし方

「宮城県だからでできる暮らし」をテーマに、実際に住んでみて分かったことや地域ならではの習慣など、ざっくばらんにお話します。情報サイトではなかなか見つけられないような気になることを直接、市町村に聞ける交流型イベントです。今の暮らしの中では想像していないようなちょっとした発見があるかもしれません。ぜひこの機会に宮城の暮らしに触れてみてはいかがでしょうか。

overviewイベント概要

日時 2022年01月22日(土) 14:00~15:30
実施方法 Zoomミーティング
参加費 無料
定員 15名程度

オンラインイベントのため、自宅からイベントサイトへアクセスして参加いただくことになります。
◆必須環境
・ZoomをインストールしてあるPCまたはタブレット(講演者が資料の画面共有をしたり、プレゼンターがデモを見せたりしますので、見やすさの観点からPC推奨)
・安定したインターネット環境
(参考:通信データ量は、300MB/時間程度です。Skypeの1/5〜1/7程度 )
◆推奨環境
・イヤホンまたはヘッドホン
◆参加方法
Zoomはアカウントを登録していなくても、URLをクリックするだけで参加することができます。
主催者からアナウンスのあったURLをクリックして入室してください。
お名前を入力するウィンドウが出ることがありますが、入力していただくのは本名でもニックネームでも構いません。

scheduleタイムテーブル

14:00 オープニング
14:05 市町村・参加者 自己紹介/地域の紹介
14:40 グループトーク①
14:55 グループトーク②
15:10 グループトーク③
15:25 感想シェア/お知らせなど
15:30 終了予定

guest登壇者紹介

仙台市経済局地域産業支援課 主事

佐藤里香

仙台市出身。首都圏の大学で4年間を過ごし、就職を機に仙台へ戻ってきました。現在は仙台市役所で、中小企業の人材確保や若者の地元定着促進に関する事業を担当しています。 仙台は人口109万人の東北最大の都市でありながら、自然豊か・一年中過ごしやすい気候・新鮮でおいしい食材…と暮らしやすい環境が揃っている場所です♪また、様々な業種の企業が様々なサービス・商品等を提供しています。「移住前と同じ業種の仕事がしたい!」といった方や、「移住後は違う業種の企業で働きたい!」といった方も「ここで働きたい!」といった企業や場を見つけて頂きやすい都市かと思います。 当日は仙台で暮らす・働くをイメージして頂けるよう、お話できればと思います。皆さんにお会いできるのを楽しみにしております!

気仙沼市移住・定住支援センター MINATO センター長

加藤航也

福井県出身。2011年に東日本大震災のボランティアで気仙沼を初めて訪問。その後関東で民間企業に3年間勤め、2015年に気仙沼市に移住してまちづくり団体・一般社団法人まるオフィスを立ち上げました。現在、まるオフィスが委託を受ける気仙沼市移住・定住支援センター MINATOのセンター長を務めています。 港町気仙沼はとにかく人に明るい!誰かの挑戦を心から応援し、失敗を許容する温かさがあります。やりたいことがある、まちに関わりたい。そんな気持ちのある人には、きっと気仙沼はぴったりだと思います。 東京から5時間ぐらいかかる地方だけど、綺麗な景色や美味しい海産物と、その景色の中に生きる魅力的な人がいる、そんな気仙沼のことをぜひ聴きにきてください。