このイベントは終了しました
南三陸町

日本初!世界の海藻マーケットの拡大に挑戦

エシカルでサスティナブル。世界が注目する「海藻」の新チャレンジ

太平洋に面した南三陸で、海藻を軸にしたビジネスに挑戦しませんか?
建築を本業とする株式会社阿部伊組では、新しいチャレンジとして日本でも初となる、希少海藻・まつもの陸上養殖を開始しました。
今年4月には養殖したものを収穫することもでき、商品化も進んでいます。

まつもの魅力はなんといっても、鮮やかな緑・上品な香りと高い栄養価です。
日本は、元々海藻を食べる文化があり、世界でも1番の消費量を誇っています。ですが近年、日本人の海藻の消費量は減少傾向にあります。
一方で、海外では海藻が注目されています。その栄養価だけでなく、エシカルやサスティナブルという潮流もあり、特にヨーロッパで人気が高まっています。
食文化として「まつも」が普及することは、世界の海藻マーケットを広げることに繋がる。日本だけでなく世界の海藻マーケットへの可能性を強く感じています。

一緒に養殖生産・商品化・販売・販路開拓・情報発信などを行っていただきたいと思っています!

約2億5千万年前の化石が見つかるロマンあふれる土地

南三陸町は、宮城県北東部に位置する人口約13,000人の町です。
仙台駅から南三陸町までは車で約1時間30分程度で、三陸自動車道「志津川IC」が2016年秋に開通したこともあり、直接南三陸町にアクセスすることができます。
三方を山に囲まれ、一方を海に面する、山と海に囲まれた地形で、志津川湾を囲むように、23の港があります。

太平洋側に面しているため、海のイメージが強い南三陸町ですが、海だけではなく山や里・川の雄大な自然に囲まれており、自然を活かして遊んだり、癒される場所がたくさんあります。
漁師さんから海産物を、農家さんからは農作物のようにおすそ分け文化もまだまだ残っています。時には、物々交換することも。今回、事業所のある歌津地区は、霊峰田束山があり約2億5千万年前のギョリュウ化石が見つかるなど、ロマンあふれる地域。休みの日には化石を探しにいくのもおもしろいかも!

市町村等からどんな支援を受けられますか

南三陸町若者マイホーム取得促進事業補助金をはじめ
住まい探しのバックアップ(空き家バンク、公営住宅、民間賃貸等)、移住者向け南三陸町賃貸住宅家賃助成事業補助金などの支援があります。
その他にも、移住後に地元の方と繋がれるように交流会などを定期的に開催しています。

暮らしや仕事に関して、南三陸町移住・定住支援センターがサポートいたします!南三陸町詳細情報をみる!求人情報を見て、市町村にも興味がわいたら、個別相談ブースでもじっくり話を聞いてみよう!

しごとドラフトに参加する

地域おこし協力隊とは

地域がかかえている課題解決をミッションとして地方に移住し、ミッションクリアのために地域ブランドや観光資源を活用した商品開発や情報発信、交流イベントの企画・運営などの活動を行います。
・活動期間は1年以上3年未満です。
・活動内容や条件、待遇等は各自治体によって異なります。
「地域おこし協力隊」制度概要について

案件名地域おこし協力隊
勤務地株式会社阿部伊組/宮城県本吉郡南三陸町歌津字湊175-2
求人概要募集職種まつもの陸上養殖・生産・商品開発・販売・マーケティング
業務内容開発が進んでいる希少海藻「まつも」の周年陸上養殖技術を活用し、三陸産海藻を生産から加工・販売までの6次化を一緒に実現しましょう。
陸上養殖の技術開発や生産よりも、特に「情報発信」と「販売促進」「商品開発」をお願いします!
募集要件・新しいことにチャレンジしたい人
・情報発信の得意な方
・営業・販売経験のある方
・マーケティング等専門性の高い方も大歓迎!
条件パソコン操作(Word、Excel)普通自動車免許
その他受入れ事業者による雇用型の地域おこし協力隊募集となります。本件の募集に関しては「株式会社阿部伊組」での雇用となります。
次の求人を見る